枯れ木に花はたぶん咲かない

咲くまで待つより違う利用方法を考えた方が、きっと木も喜ぶ。

HSS型HSPの私が専業主婦でいた理由やこれまでのことをお伝えします①

f:id:kuemarin:20220713223257j:image

こんにちは。

専業主婦からひとりで起業して、小さなネットショップの運営をしています。

 

今回は、ずらずらと私自身のことをお伝えしようと思います。

結婚から7年は専業主婦、8年目以降は様々なパートをはじめる

ちょっと変わった家庭事情

私は結婚を機に勤め先をやめて、7年間は子育てをしつつガッツリ専業主婦をしていました。

 

その後、義理の両親と敷地内同居をするためにマイホームを建てます。

 

「マイホームを建てたら、子供は義理の両親に任せてガンガン外で働ける」

 

大概の方はそう思うかもしれません。

 

でも実は敷地内同居をした理由は、介護に近いサポートをするためでした。

 

義母が精神疾患を持っていて、小さな子供を安心して預けることができませんでした。

(統合失調症と発達障害)

 

サポートをするために家を建てたものの、夫は転勤のある職なので単身赴任。

 

私が父親の役目を果たしつつ、子供二人を育てながら隣に住む義母の面倒を見ることになりました。

 

義父はこの時まだ現役で働いておりましたので、残業こそあまりない仕事でしたが付き合いなども広い人なので、仕事以外で夜や土日いないこともとても多い状態でした。

 

まずはファストフード店でのパートから

それでも多額のローンを抱えた以上は、夫の扶養に入りながら子育てと主婦業のバランスが取れるところで働こうと思い、はじめは大型ショッピングセンター内にある、某ファストフード店で夕方から閉店までの時間を中心に、週3回くらい働き始めました。

 

その時はまず、義父が帰宅する2時間前くらいに子供たちを義母へ預けます。

その時、夕飯のおかずもすべて子供二人と義理の両親の4人分も作って持っていきます。

 

約2時間義母と子供たちだけになりますが、子供だけでのお留守番と比べて考えて、妥協に妥協して「大人のいる家に子供がいるという安心」だけを選びました。

 

精神疾患のある義母は予測行動ができないので、4人分のご飯をもっていっても義父を待ってみんなで食べるとか、先に食べていても義父の分を取り分けるということが頭にありません。

 

なので私が子供を預けた後は、「目の前に出されたご飯を食べないといけない」ということしか頭からなくなるので、子供たちと3人でご飯の時間になります。

 

だから、2時間のうち半分は食事の時間になるので、子供たちの動きがおとなしくなります。

 

義父の分を取り分ける役目は子供たちに任せました。

取り分けても義母が勝手につまんで食べてしまったりするので、子供たちが

 

「これはじいちゃんのだから、食べちゃダメ!」

 

と監視していました。

 

そうこうしているうちに、義父が帰宅し私が仕事が終わるまで子供たちの相手をしてくれました。

 

約5年働きましたが退職しました

そんなこんなで約5年、こんな感じですごしてきました。

私もマネージャーに昇格して、夜の閉店作業や売り上げ精算を任されるようになったころ、義父の具合が悪くなり入院するようなことがたびたび続きました。

 

一番身動きが取れなくなったときは、自分の子供が手術を伴う計画入院をすることになった初日に、同じ病院に義父が救急で入って入院になったことです。

 

子供の入院のために、夫にはもう一人の子供の面倒をお願いするため、単身赴任先から長期休暇を取って戻ってきてもらっていましたが、義父の入院により義母が1人になるので、子供が退院した後の職場復帰がなかなかできませんでした。

 

何とか落ち着き始めたころ、勤務している店舗が閉店することになり、24時間営業の店舗が別な場所にできるので、そちらで社員として働かないかという話をいただきました。

ありがたいお話でしたが、断って退職

これまで家庭の事情に応じて自分でシフトが入れられたことはとてもありがたく、仕事は嫌いではありませんでしたが、社員になる責任と家庭の事情を天秤にかけて悩みまくりました。

 

このころの職場は売り上げのこともあり、平日の人員を削減して土日に人を増やすことが多くなったので、私の勤務も平日が1か0で、土日に何とか出てほしいと頼まれて出勤することがとても多くなりました。

 

でも、子供たちが土日にスポーツの大会に出るようになり、そんなお願い事もお断りせざるを得ないことも出てきました。

 

夫は土日に必ず帰ってくるわけではないし、県外遠征の引率なども出てきたので、出勤できないことが想定されているのに社員になるわけにはいかないので、お断りしてそのまま退職させていただきました。

 

平日のみで残業なしのパート先へ転職して3年

退職後すぐ、知人の紹介があって入った会社は平日の9時から17時までで残業のないところでした。

 

家庭の事情があれば特に嫌な顔されることなくお休みもいただけたし、ありがたかったです。

 

仕事の内容は、カスタマーセンターのようなことをする部署で、大手企業から委託されている仕事でした。

 

突然の出来事と自分が体調を崩したことで退職

3年ほどたって、直属の上司が不祥事を起こして突然解雇になります。

 

急遽なぜかただのパートの私が臨時責任者になり、パートの身なのに大手企業に出向いてプレゼンや会議に出席されられます。

 

また、パートであることを隠しながらリクルートさんと人事採用の打ち合わせも行いました。

(隠したというか、特に聞かれることもなければ同席した別部署の上司も伝えないので、そのまま打ち合わせを続けました。新卒採用の件とか、会社説明会の打ち合わせなどしました)

 

労働環境的にはブラックではなかったのですが、社員の上司がいなくなったからというだけでパートの立場と時給のまま、元上司の仕事をさせるような体制にものすごく不満を持ちました。

 

と同時に、大手企業とこの会社は委託契約の更新をせず、カスタマーサービス専門のグループ会社を新規で立ち上げる流れになりました。

 

上司不在の中対応した私のことを大手側で気に入ってくださり、このグループ会社の営業所長として働いてみないかというお話もいただくことになりました。

 

でも、単身赴任で精神疾患もちの義母がいるなか営業所長なんて私の身が持ちません。

 

ちょうどこの時、上の子の高校受験も重なって精神的にもピリピリしていたのもたたって私自身が体調を崩してしまいました。

 

医師からは絶対安静で入院が必要とまでいわれたのですが、夫に頼み込んでまた長期休暇をとってもらい、どうにかこうにか自宅で安静と毎日点滴に通うという事を条件に、入院せずに乗り越えました。

 

医者から点滴の必要がなくなって、病状が落ち着いたという診断をいただいても、仕事に復帰できるほどの体力が戻るにはまだしばらくかかることが見込まれたので、営業所長の話もお断りして、勤めていた会社も退職しました。

 

2年後パートを新たに探すも、義母の入院と実母のサポートで1か月で退職

その後、下の子がスポーツで県の強化指定選手になったこともあり、平日も学校を休んで大会へいったり、土日は休みなしで遠征の引率をしたりと働く時間がなくなってしまったので、割り切って働かずにサポートに徹しました。

(借金は膨らむばかり)

 

それが落ち着き、働き先を探して入社した途端、糖尿病の合併症で目が見えなくなった義母が手術のために入院することになりました。

 

それと同時に、もともと交通事故で半身があまりよく機能しない実母が、実家の階段から落ちてけがをしたので、通いで面倒を見なくてはいけなくなりました。

 

もともと入社初日からいじめをうけていたので、これを理由に退社しました

入社初日から「お前邪魔」と言われ、足を踏まれたり突き飛ばされたりするいじめをうけました。

 

土下座をしないと新しい仕事を教えてもらえないとかありましたね。

 

過去にも同じようなことをされて、何人もやめていっていることを人事部は知らないふりをしているということが、入社後わかりました。

 

それを乗り越えた人間だけが残っている職場だということも分かりました。

 

私より少し前に入った外国人の方は、同じような扱いを受けて精神が病んで会社に来れなくなりました。

 

過去にはこの会社の社長に直接訴えた人もいたようですが、圧力に負けてしまい辞めていったそうです。

 

毎朝会社が近づくにつれ、勝手に涙が出てくるほど限界でした。

謎の下痢も続いて、食品を扱う会社なのに何度もトイレに行くので、余計にいじめの対象になりました。

 

やってられませんよね。こんな職場。

いじめに耐え抜く時間よりももっと違う時間の使い方があるはずだ。

逃げたとでも何とでも言われたってかまわないから、脱出しなければ。

 

そう思った時に、義母と実母の件。

チャンスでした。

 

上司は何とかして休職扱いにさせようと話をもっていきましたが、

 

「自分の家庭の都合で皆さんにご迷惑をおかけすることは、申し訳なくてこれ以上できません。」

 

とおおげさに芝居をして、無理やり退職しました。

 

いじめた先輩方にもあえてこういう事情だからと言って、菓子折りまでおいて去りました。

 

 

 

②へ続きます。